DHCP 設定

設定

[root]# vim /etc/dhcpd.conf

    # dhcpdを立ち上げるマシンのFQDN
    #server-identifier  www.example.com;
    # ドメイン名
    option  domain-name  "example.com";
    # クライアントが利用可能な DNS サーバーのリスト
    option  domain-name-servers  192.168.1.254;
    # Dynamic DNS の設定
    ddns-update-style  none;

    subnet  192.168.1.0  netmask  255.255.255.0  {
        # default gateway
        option  routers  192.168.1.254;
        option  subnet-mask  255.255.255.0;
        # 貸し出しIPアドレスの範囲
        range  dynamic-bootp  192.168.1.101  192.168.1.200;
        # 貸し出し時間
        default-lease-time  21600;
        max-lease-time  43200;

        # 固定IPアドレスの貸し出し
        host  任意のホスト名  {
            hardware  ethernet  クライアントのMACアドレス;
            fixed-address  192.168.1.253;   # 貸し出しIPアドレス
        }
    }
・設定ファイルのチェック

[root]# dhcpd -t -cf /etc/dhcpd.conf

・貸し出し中のIPアドレスを記録する為のファイルを用意

[root]# touch /var/db/dhcpd.leases

・起動オプション
-4DHCPDv4
-6DHCPDv6
-fフォアグラウンドで実行
-dログを標準エラーへ出力
-t設定ファイルテスト
-T貸し出しファイルテスト
-cf設定ファイル指定
-lf貸し出しファイル指定
-pfPIDファイル指定
・ポートの開放

LAN 側の 68/udp ポートを開放