PostgreSQL

概要

PostgreSQL サーバーのインストールと設定

ユーザー作成

[root]# adduser postgres

[root]# passwd postgres

インストールディレクトリ作成

[root]# mkdir /usr/local/pgsql/

[root]# chown -R postgres:postgres /usr/local/pgsql/

ソースを作業ディレクトリに展開

[root]# tar xvfj postgresql-11.1.bz2 -C /usr/local/src

[root]# chown -R postgres:postgres /usr/local/src/postgresql-xx.x

インストール

    メジャー・バージョンアップ時には、データのバックアップ取得後、停止、古い
   バージョンのソースディレクトリ内にて make uninstall、/usr/local/pgsql を削除して、
   新規インストール。マイナー・バージョンアップ時には、インストールして再起動。
   インストールには Perl モジュール ExtUtils::Embed ExtUtils::MakeMaker が必要。
   [root]# yum install perl-ExtUtils-Embed perl-ExtUtils-MakeMaker

[root]# su - potgres  # ユーザを postgres に切り替え

[postgres]$ cd /usr/local/src/postgresql-xx.x

[postgres]$ ./configure --enable-nls=ja(日本語サポート)--with-perl(PL/perl)

[postgres]$ make -j3

[postgres]$ make -j3 check

[postgres]$ make -j3 install

[postgres]$ pg_isready --version  # バージョン確認

環境設定

    postgresql を利用する全てのユーザーにて、以下を実行。

[user]$ vim ~/.bash_profile

    PATH=${PATH}:/usr/local/pgsql/bin
    export  POSTGRES_HOME=/usr/local/pgsql
    export  PGLIB=${POSTGRES_HOME}/lib
    export  PGDATA=${POSTGRES_HOME}/data
    export  MANPATH=${MANPATH}:${POSTGRES_HOME}/man

[user]$ . ~/.bash_profile

共有ライブラリ読み込み

[root]# updatedb

[root]# locate libpgtypes.so

    /usr/local/pgsql/lib/libpgtypes.so

[root]# vim /etc/ld.so.conf.d/libpgtypes.conf

    /usr/local/pgsql/lib

[root]# ldconfig -v | grep libpgtypes